身長を伸ばすためには栄養が大事。

その栄養は普段の食事から摂る。その上で足りない栄養素はカラダアルファで補う。

でも、栄養を取っただけではダメなんです。

身長を伸ばすためには、しっかりと睡眠を取らなければなりません。

この話は、お母さんにも読んでもらいたいんですが、いま成長期の中学生のお子さんにも読んでほしい内容です。

中学生になれば、この話は理解してもらえると思うので書こうと思います。

どうかこれを読んで睡眠について、一度しっかり考えてみてください。

これから書くことは、私が勝手に書いていることではなく、自分の子供の成長について色々と調べている中で出会った書籍をもとに書いています。
その本はこちら


睡眠の科学
櫻井武氏著
医師、医学博士 筑波大学医学医療系および国際統合睡眠医科学研究機構教授。
覚醒を制御する神経ペプチド「オレキシン」を発見。
こんな睡眠のプロフェッショナルな方の書いた書籍を参考にしています。

 

なぜ睡眠が必要なの?

身長を伸ばすために、なぜ睡眠が必要なのでしょうか?

その前に、そもそもなぜ人は眠るのでしょうか?

「睡眠の科学」の櫻井武氏は言います。

「野生の厳しい環境の中で動物は寝ますよね。
睡眠中は、無防備です。
いつ外的に襲われてもおかしくない状態です。
もし、進化の過程で睡眠をとる必要のない動物が誕生していてもおかしくないと思いませんか?」

 

う~ん、確かに!

考えたこともなかったけど

進化の過程で眠る必要がない、つまり寝ない動物が誕生していてもおかしくないですよね。

眠らない進化は選択されなかった

生物が誕生してから今日まで、弱肉強食で弱いものは淘汰され強いものが生物のピラミッドの頂点に立っています。

弱い動物は常に危険にさらされています。

どこから、肉食獣に襲われるかわかりません。
おちおち寝てもいられませんよね!

命がけで眠る

寝てるところを襲われたら、逃げ遅れてしまいます。

寝なければ、生存競争に勝ち抜く上で圧倒的に有利だったに違いありません。

この地球上にある全ての生物が、その時々の環境に対応するために進化してきました。

その環境でいらない機能は退化していきました。

真っ暗な深海にする魚は、目が見えなくても生きていく上で支障がないので、目が退化しました。

それは、人間も例外ではなくは長い歴史の中で進化してきましたよね。

哺乳類は、沢山の子供を同時に育てるために乳首がたくさんありましたが、人間は一度に何人も産まなくなったため、沢山の子供を同時に育てなくなりました。
よって不要な数の乳首が退化して今2つになってますよね。

乳首の名残が脇あたりにあるという人もいると、聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

睡眠が必要なければ、退化して睡眠を取らないでも生きていける様になっていたんじゃないでしょうか?

生物の進化の過程で、「眠らない」は選択されませんでした。

どんな動物も昆虫も寝ます。
魚類だって泳ぎながら眠るんです。

それこそのだそうです。

襲われるかもしれない。
食べられてしまうかもしれない。
その種が耐えてしまうかもしれないという中でさえ、命がけで眠るんです。

そう、命がけで眠るのに「眠らない」という進化をしなかった。

なぜでしょう?

脳が必要としている!?

眠ることで体力が回復します。

でもそれだけではありません。

脳は眠ることで、それまでに起きたことを整理し不要なもの、必要なものを分けています。
また起きている間に脳にたまった老廃物を寝ている間に除去するのです。
なので眠ることが必要なのです。

寝ないと死んでしまう

では眠らないとどうなるのでしょうか?

ラットで、完全に睡眠を取り去る「断眠実験」が行われた。

断眠1週間では目立った変化は怒らなかったが、2週間になると体毛が抜け始め腫瘍が出来た。
そのまま断眠を続けると3~4週間でラットは、感染症のために次々と死んでいったそうです。

動物は寝ないと死んでしまうのです。

これは、特殊な実験で人間の場合はそこまで行かないうちに眠ってしまうのです。
コンピューターが、強制的にシャットダウンをするように人間は、眠ってしまうのです。

徹夜をするとお酒を飲んだ状態と同じ!?

徹夜をしたことがある人はわかるかもしれませんが、徹夜をすると思考力が低下しませんか?

なんか簿~っとしているという感じ。

これって、酒を飲んだときと同じ状態なんだそうです。

一晩徹夜すると、酒によったときと同じ注意力の低下が見られると言います。

徹夜で車を運転すると、気帯び運転と同じくらい危険なのだそうです。

みなさんは、お酒も飲まないし車の運転もしませんが、徹夜をするとお酒を飲んだときと同じような状態になるのです。

徹夜で試験勉強をするということは、酒を飲んだ状態と同じ注意力が散漫の状態で試験に挑むのと一緒なのです。

そうならないために脳は、眠るのです。

起きている間にたまった脳の老廃物を眠っている間に浄化するんです。
そうやって注意力が散漫にならないようにします。

また眠ることで、学習したことを整理して定着させる役目もします。

運動でも、同じことが起こります。

どうしてもできなかったことが、一晩眠ることで次の日にクリアできることがあります。

そんな経験ありませんか?

クリアできなかったゲームが、ただ眠っただけで次の日にはクリアできたなんてこともあります。

眠るということは、学習を定着させるために必要なことなのです。

成長にも睡眠は大事

眠ることで、成長ホルモンが分泌され摂った栄養がしっかりと骨の成長に使われ、身長が伸びるのです。

眠ることは、人にとってとっても大事なことなのです。

カラダアルファを飲んでしっかり栄養を取り、しっかり眠る。

これが身長を伸ばす秘訣です。

夜遅くまでスマホをいじっているとか、深夜までテレビを見るとかすることで、次の日にはお酒を飲んだのと同じ状態になるのです。

体にいいことなんかありません。

いくら栄養をとっても、運動をしっかりしても睡眠をしっかり取らないと伸びるはずの身長が、伸び悩んでしまいます。

少しでも身長を伸ばしたいのであれば、せめて成長期の間だけでもよる10時に寝る努力をしましょう。

それが無理でも、12時前に寝るようにしたいものです。

カラダアルファの口コミと効果!へ戻る